少額で始められる

投資のうち株を始めようと思ったら、だいたい50万円くらいの資金があった方がいいです。
安い銘柄もありますが、メジャーな銘柄を買おうと思うと40万円くらい必要になるからです。

 

株は1株単位では売買されていません。
最低でも100株からです。
1000株という銘柄もあります。
各企業によって決められています。
この最低売買株数の事を単元株と言います。
単元株が100株とか1000株といった言い方をします。
株価が1000円の銘柄があった場合、その単元株が100株であれば、1000円×100株で最低取引資金は10万円になります。
最低でも10万円持っていないと買えないということです。
株価が500円と安いなと思えても、単元株を見た時に1000円と書いてあれば、それは必要資金は50万円ということです。
結構高いのです。

 

メジャーな銘柄の株価は、ホンダだと50万円弱、キヤノンも50万円弱、トヨタに至っては60万円以上、いすゞや日産でも10万円以上必要です。
ですから、いろいろな銘柄の中から好きなものを選びたいのであれば、最低でも50万円持っていないと選べないのです。
ソフトバンクやユニクロのファーストリテイリング、ディズニーランドのオリエンタルランドの様に最低資金が100万円以上する株だってあります。
ディズニーランドのファンは株主優待チケットが欲しくても、100万円以上お金がないと単元株分の株を買うことが出来ないのです。
なかなかハードルが高いです。


分散投資するためには多額の資金が必要

また、先の項でもお話ししたように、投資にはリスクを回避するために分散投資が必要です。
しかし前項の例を見ていただければ分かるように、分散投資とはつまり、複数の投資先に資金を投資するということです。
ということは、かなりの資金が必要になるということです。
前項の様に、国内株式、国外株式、国内債券、国外債権、国内不動産・・・などとこれらすべての投資先に投資をしようと思ったら500万から1000万という大きな資金が必要になってきます。
分散投資をするにしても資金が多くかかってしまいます。

 

個人で株の銘柄をたくさん選びたいとか、分散投資をしたいと思ったときには、資金が多く必要です。
ですから、お金持ちしか投資に手を出しづらかったりします。
ところがお金があまりなくても投資を可能にするのが投資信託です。

 

投資信託は投資家から集めた資金をファンドマネージャーがまとめて、いろいろな分散投資をして代わりに稼いでくれるという仕組みです。
ですから、投資家が最低単元株分お金を出さなくてはいけないということはありません。
1人の投資家が数万円しか出さなくても、他の投資家が多く出したりしますし、世界中の投資家がお金を出しますので、合計するとどんな投資先にも分散投資できるのです。
ですから、投資信託は一口いくらと、最低資金を低く設定しています。
たとえば30万円の株を一人で買ったらひとりで30万円出さなくてはいけませんが、10人で買えばひとり3万円で済むのです。
それが投資信託で少額投資を可能にする原理です。


  • 2015/10/27 22:21:27